スポンサーサイト
--/--/--(--)--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛の向こう側」とやらについて考えてみた
2009/05/06(Wed)01:43

まぁなんだ。
5月5日って言ったら「子供の日」でっせ。

そんな日に久々に更新したか思ったら話題が「性行為」だなんて・・・
なんてお下品な・・・・。
しかも待ってました的に食いつきまくったのが「性行為」だなんて・・・


ある意味正しいな。


「子供の日」言ったら「性行為記念日」みたいなもんじゃね?

「アナタがしようって言ったから今日は性行為記念日」みたいなもんじゃね?
その結果がオマエラなんじゃー!!!って再確認する為の日みたいなねwww

え?駄目?
そういうの駄目?


ま、気にせず引っ張るんだけどな。

セックスとは会話だの早漏だの言ってるけどな、
そこに「愛」があれば万事OKなんだと思うんだよね。

早漏と呼ばれようが、
たとえ人よりメインが短かろうが、
「あなたの会話は早口過ぎて何言ってるのかさっぱり解らない。」なんて言われようが、
全ては「愛」があればそんな事は問題じゃないの。


「愛の向こう側」に辿り着いたら、またスタートに戻らんかぃ!!!
「出会った頃の俺達のように、たまには電気消してしようか?」なんて言えば良いじゃん。
いや、違うか?www
「ちょ・・・ちょっと恥ずかしいから電気消してくれる?」なんて言ってみれば良いじゃん。

ちなみに僕は「愛の向こう側」に辿り着いた事がありませんから。
同じスピードで「愛の向こう側」は走ってるみたいで、
走っても走っても辿り着きませんよ。

なかなか敵もやりよんなって感じです。
仕方無いのでセックスの最初と最後ではキスで終わる様に心掛けてます。




うん、こんな事言ってるから「キモイ・ウザイ」とか言われんだな。
え、もちろんキスは口同士ですよ。
いきなり「ちょんまげー」とかしないから。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。